iphoneの修理にかかる費用

iphoneはとても繊細な精密機器です。昨今のバージョンでは6辺りから画面も大きくなり、機種自体もかなり薄型になって、画面は見やすくとも割れやすかったり壊れやすくなっています。7から防水は効けども、横幅も大きくなっている為、iphoneのトラブルに見舞われる方も多いのではないでしょうか?
iphoneの修理には2通りの方法があります。
購入時にアップル社がサービスとして出しているAppleCare+に加入していて、アップルで修理してもらう方法と、一般のアイフォン修理業者に出すという2点です。AppleCare+に入っていない場合の修理は約一般修理業者の10倍します。ここでは保障に入っている料金説明をしたいと思います。
まず一番故障が多いであろう、バキバキに割れたガラス液晶交換の交換や、バッテリー交換費用は断然AppleCare+に入った状態でのアップル社がダントツに安く、どのバージョンでもガラス液晶交換は3,400円でなおしてくれます。バッテリーはバージョン全てがAppleCare+の保証対象内に入っていると0円です。ただし、アイフォン1台限りにつき一回だけが無料になっているサービスなので、一度使用してしまうと、バージョン6から10までがバッテリー交換3,200円、それ以外のモデルが8,800円となります。
一般のアイフォン修理業者のほとんどはバージョンによって価格が異なり、ガラス液晶交換が平均8,000円から25,000円、バッテリー交換が平均5,000円から8,000円とかなり高値です。
AppleCare+にはその他の損害に関しての修理価格が11,800円と一律した価格がありますが、一般的なアイフォン修理業者は壊れたヶ所やその対応バージョンが存在し、なおす部分が多い場合は最大で6万円を超える業者もあります。
一見購入する時に機種代金以上に保証をかけるというのはその場では高く感じますが、長い目で見た場合必要なものであると言えます。