交通事故の示談金はもっと増額できます!

交通事故の示談金は、状況次第によって大きくできるものです。
簡単な方法としては、弁護士に相談をして弁護士に示談金の交渉を行ってもらうことです。

弁護士は、保険会社とは異なる基準で慰謝料を計算しますので、ほとんどの場合で請求金額が相場よりも大きくなります。
交通事故は弁護士、神戸AI法律事務所に相談
また、弁護士に相談をしておけば増額できるポイントを見逃すことなく手続きを進めていくことができるようになります。
交通事故の慰謝料に関しては、一つの権利で成り立っているわけではなく様々な権利を利用することで慰謝料金額を大きくしていくことが基本です。
例えば、慰謝料と一言でいっても、その中身はかなり細分化されています。
例えば、自動車に対する物損への賠償と被害者自身の心身に対する賠償請求では請求する権利が全く異なります。
物損に対する請求権には、弁償という意味合いが入っているためあくまでもその自動車分のお金歯科請求することができません。

一方で、被害者の心身を対象とした賠償請求には法律的な請求の上限金額が存在しないのです。
ですから、裁量によっていくらでも請求することが可能です。また、慰謝料請求を行う際には被害者の怪我の度合いにも注意をしなくてはいけません。

交通事故では、被害者の身体に取り返しのつかないほどの怪我が生じてしまうケースもあります。
この場合、医師に診断してもらって回復が可能なのか、それとも困難なのかを明確に診断してもらう必要があるのです。
仮に、診断の結果症状が固定されてしまってそこから戻ることができなくなってしまった時には、後遺障害というさらに大きな慰謝料を請求できる手続きを行うことができます。
後遺障害にはランクがありますので、重いものほどより高額な示談金を請求できます。
弁護士にあらかじめ相談をしておけば、どのような状況でこういった手続きができるのかがわかるようになります。
肝心の示談交渉も資料さえ渡しておけば後は代行でやってくれますので、安心なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です